妊娠への悩みはとても多い

子供を授かることができなくて、不妊治療を受けている夫婦もいれば、止むに止まれぬ事情で、子供を中絶することになる夫婦も東京を始め全国各地に多くいます。それぞれが、それぞれの思いを抱きながら、妊娠への悩みを抱えています。

不妊治療に効果が期待されている漢方

  • 当帰
  • 芍薬
  • 川芎
  • 白朮
  • 茯苓

[PR]
中絶なら東京のクリニックへ
デリケートな悩みを即解決♪

命を育む出産と命の別れをもたらす中絶を東京の産婦人科で知ろう

カウンセリング

男性不妊は治療で改善できる可能性がある

女性不妊と同じように、男性不妊にも原因が分かる不妊症と原因不明の不妊症が存在します。また、原因が分かっていても、改善が難しい不妊症も確認されています。特に無精子症は「閉塞性」と「非閉塞性」の2つのタイプがあります。また、100人に1人が無精子症になると言われているため、子供ができないなと感じたら、一度診察を受けてみるのもいいかもしれません。

中絶を行う際のリスクを知ろう

子供を望む人がいるように、止む無く子供を中絶しなくてはいけない人も、少なからずいます。東京の産婦人科では、そんな人達への支えとなれるように、取り組んでいる院が多くあります。その理由として、精神的なダメージもそうですが、中絶に伴うリスクの大きさを知っているからと言われています。中絶は、初期中絶の場合でもリスクがあるとされています。初期中絶は子宮内に器具を入れるため、子宮を傷付けてしまう可能性もあります。また、稀なケースに「子宮穿孔」と言われる、子宮内壁に穴が空いてしまうこともあります。

中絶手術の費用は膨大

予定していない妊娠などで、産むわけにはいかない状態が発生した時に、真っ先に頭に浮かぶのは中絶するお金がないという人も少なくありません。中絶は妊娠の週数によって、金額が変わってきます。また、健康保険の適用対象外に当たるため、全て自己負担で行わなくてはいけません。そのため、結論はできるだけ早く考えて出すことが重要です。法律上妊娠後期に入れば、中絶を行うことができなくなる事もきちんと覚えておくのも大切なことです。

中絶手術の一連の流れを知っておこう

予約をして診断を受ける

中絶手術には予約が必須になってきます。そのため、一度産婦人科へ、電話で予約を入れる必要があります。また、母子の状態も確認するため、入院の前に一度診断を行うため、来院する事になります。この時に、週数を確認して最適な手術の時期を見極める必要があるからです。

診断時に手術の予約を行う

診断で最適な手術日の予定を立てる事ができれば、その時に予約を取ります。予約当日は朝からの来院になります。そこから状態を確認して、手術を行なっていきます。術後はベッドで安静にしている必要がありますが、その日の夕方には帰宅する事が可能です。また、安全確保のために帰宅の際に迎えをお願いする病院が多いです。

術後の診断を2回受ける

術後の回復経過を確認する必要があるため、手術の翌日と1週間後に1回ずつ来院してもらう必要があります。その時に心配なことを相談するのもいいかもしれません。また、今後の避妊相談なども一緒に行なってくれる病院も多いため、問い合わせてみるのもいいでしょう。

[PR]
無精子症の治療
色々な情報を紹介中!