先生

開腹手術経験者に多い病気

腸閉塞を予防したいなら、こちらをチェックしておくと良いです。治療法や予防法など様々な知識を得ることができますよ。

副作用がない方法で潰瘍性大腸炎の治療を行ないたいなら漢方がおすすめ。本当に効果のある漢方情報をいち早く知ることができます。

腹痛や嘔吐、排便停止

看護師

腹痛や嘔吐、排便や排ガスが止まってしまう症状を腸閉塞と呼び、腸に便が詰まってしまっている状態です。この腸閉塞になってしまうと、自然に治ることはないので病院で治療を受けなければいけません。便が固くなったり腸内活動が一時的に弱い便秘とは違い、腸閉塞は腸の働き自体がほとんどなくなってしまうので排出できない状態なのです。この腸閉塞の原因は、便秘がひどくなってしまった場合もありますが、開腹手術の経験のある人が起こしやすい点が多く見られます。それは、開腹することで癒着の可能性が高くなってしまうので、腸の働きを減少させてしまうからです。このような理由もあり、開腹手術の経験のある人の多くが腸閉塞を発症し、その予備軍の人もたくさんいる状況です。また、食生活の変化で便秘体質の人も多く、腸閉塞から大腸がんを発症してしまう人も少なくありません。大腸がんは急激に増加している病気なので、腸閉塞も問題視されています。腹痛や排便に関して気になる症状があれば、早めに病院で診てもらうことが大事です。

外科的手術を避けた治療

腸閉塞の治療では、基本的に絶食となり、点滴で栄養補給をしていきます。しばらくこれを続けていくため、当然入院しなければいけません。絶食が苦痛となることもありますが、これで症状もだいぶん落ち着いてくるようになるので効果的な治療法です。また、鼻から管を通していき、腸の圧力を減らしていく方法も行われます。腸閉塞は癒着が原因となっている場合が多いので、外科的な手術は行われません。病院での治療で腸閉塞が治まったとしても、再発してしまう可能性も高い病気です。腸の働きがほとんどないため、食事量を減らしたり、小分けにして食べていく習慣を身に付けなければいけません。暴飲暴食を避け、便秘を解消していく習慣で、そのリスクを減らしていく努力が必要となってきます。

世田谷区で透析の案内を確認したい人は、サイトを確認してみましょう。ココでは詳しい情報が細かく記載されています。

胃痛や吐き気が気になるなら伊丹の小児科に相談してみませんか?地域密着型のクリニックだから利用しやすいですよ。

とても大切な検査

悩み

心臓ドックは、心臓が健康に動いているのか、危険因子はないのか確認する検査です。日本人の死因の第二位が心臓病なので、多くの方が受けたほうが良い検査です。検査では、主に心臓MRI、胸部エコーなどが有ります。どれも痛くはなく、簡単に受けることができます。

脳の病気に気をつけよう

悩み

脳梗塞を起こす方は多いですが、その原因としては高血圧や糖尿病などによるものが多くなっています。そのため、生活習慣を改善し血行を良くすることが脳梗塞の予防だと言えるでしょう。まずは病院に出向き、血管や脳に関する検査を受けることから始めるべきです。

誰もが通る人生の曲がり角

女性

日常生活に支障をきたすような更年期の症状が出ている場合を更年期障害といいます。そのような症状は男女ともにみられます。しかし男性の場合は全身疾患や鬱病が隠れているケースがあり、それらを念頭に置いた検査も必要となってきます。