東京で多い中絶の理由を調べてみることで分かること

中絶は大きな心の傷を作ってしまう

女性の多くは子供を授かり、出産したいと考えます。しかし、様々な事情が重なり、出産をすることができない女性も、残念ながら多くいます。中絶を行うことで、心に大きな傷を作ってしまうため、東京などの産婦人科では、そのケアも行なっています。

止む無く中絶を行なってしまう大きな理由

no.1

経済的に子育てが難しい

中絶の理由の多くが、経済的な問題と言われています。親の援助を受けることができなかったり、自分にそこまでの経済能力がないと考えているために、発生する中絶理由でもあります。市役所なども援助を心がけていますが、全てに対応しきれていないのも事実です。

no.2

仕事や学業などの責任を果たせなくなる

未成年などの中絶理由の多くがこの問題とされています。妊娠してしまうことで学校に行くことができなくなってしまい、中絶を行う判断をするのは、たとえ未成年であっても悲しい決断です。そのため、産婦人科ではこういった中絶での傷をなくすために、未成年へのきちんとした指導も行っている病院が増えてきました。

no.3

片親になってしまう事

子供が授かって嬉しいと思う夫婦がいる中で、残念ながら子供が授かった事で問題になってしまう夫婦もいます。そのため、止む無く中絶を行うお母さんも少なくありません。男性の中には、極稀に子供はいらないと考える人もいるため、こういった決断をしなくてはならない人もいるのが現状です。

no.4

大きな病と重なってしまった場合

出産は母子ともに健康であることが一番望ましいものです。しかし、母体となるお母さんが大きな病気を発症した場合、命を優先させることから、中絶を行うケースがあります。また、お医者さんが危険だと判断した場合も、きちんと内容を説明の上で、中絶をすすめることもあります。

no.5

性犯罪に関わってしまった事による妊娠

女性の最も大きな傷となってしまう性犯罪は、時として更なる傷を負わせてしまう事があります。それは、自分に心の傷を追わせた相手との子供を妊娠してしまうことです。確かに子供には罪がないと考える人も多くいますが、大きな心の傷を抱えたまま、自分へ暴力を働いた相手の子供を育てることはとても厳しく、お医者さんから中絶をすすめるケースもあります。

東京で多い中絶の理由を調べてみることで分かること

女性たち

中絶することで背負うリスク

中絶することで、心に大きな傷を負わせてしまうこともそうですが、多くの場合、次に妊娠ができにくくなるケースが多くあります。人工中絶の際に子宮を傷付けてしまう恐れもあり、次に子供を望んだときには、自然妊娠ができないと診断された事例もあります。そういったリスクを背負うこともきちんと考えなくてはいけません。

中絶は必ずしも悪いことではない

中絶のイメージは、多くの人が母親の都合で赤ん坊を下ろすと考えている人も少なくありません。しかい、人工中絶は、時にお母さんの命を救うために行われる事があります。出産には、トラブルが起こるとそれこそ母子の命に関わることが多くあります。その際に子供を出産する事ができればいいのですが、それ自体がお母さんの命に関わる場合、中絶という形をとらなくてはなりません。

中絶は手術の後も悲しみを伴う

中絶して子供を下ろすのは、女性の心に傷を残します。しかし、施術を行なったあとも多くの悲しみが続きます。自分で決断したとしても、中絶は大きな決心を伴うものです。そのため、術後は周りから責めれれているのではないかと考える人も少なくありません。また、1人では決して乗り越える事ができない傷のため、家族や周りの助けが必要となります。

きちんとした考え方が必要

「経済的に余裕がないから」、「1人で育てることができないから」といった様々な理由で中絶を希望する女性がいます。確かに自分自身が大変な時に、子育てと考えると難しいことの方が多いかもしれません。しかし、中絶をすることで起こることや抱える傷についてきちんと考える必要があります。その決断で後悔しないよう、感情的になるのではなく、冷静な判断をすることが大切です。

決して1人で悩むことはせず周りに相談してみよう

多くの中絶希望の女性は、周りに相談することができていないのが現状です。軽蔑されるから、嫌われるからと様々な感情が渦巻いてしまい、1人で苦悩した結果が中絶となります。そのため、身近で相談する人を見つけるか、それが難しい場合はお医者さんへ相談してみましょう。1人で悩むよりも明るい解決方法を、一緒に探してくれるはずです。